スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後の洗礼

パリについた
朝の9時
審査らしい審査はとくになくあっさり入国
あれほど苦労した出国のチケットはなんだったんだろう。。。


バッグもかなり信用してなかったけど
無事届いた



こっから宿探して
とりあえず予約してしまったバスのことをどうにかしないと


パリは彼女とまたくる予定で
そのときにゆっくり観光したい
今回パリ行きのチケットが安かったから来ただけだから
こんな物価の高いところにいるよりかはベルギーのほうへと向かって生きたい



まあ
とりあえずめぼしをつけておいた宿へ向かうことにした


ヨーロッパはガンガンWIFIとん出るだろうし
なんだかんだ観光は整備されてて旅がしやすい

そんな思い込みをしてた


空港から市内もいくつか行き方があるけど
なんとなく調べていた方法で別にいけると思ってた



この
「なんとなく」のせいであとでめちゃめちゃ苦労した




バスに乗っていったんだけど
バスがどこにおりるかわかんない
チケットカウンターで市内までと言って買ったのに
なんか表示されてる金額と違う料金でしかもチケット2枚


うーん
やばいな、意味がわかんない



とりあえずバスにのってみんながおりるところで降りようと思った




みんなが降りたところで降りたけど中心地から遠い。。。
空港にあった市内のマップはなんかみずらかったけど
なんとか現在地を把握してめぼしをつけていた宿まで市内を南から北へ縦断することにした


市バスなんてどう走ってるかわかんないのに乗りたくないし
メトロなんて入り組んでるだろうから乗るのが怖い
タクシーは料金的に最初から選択肢にない


やっぱ信用できるのは足だな
ドラマでもベテラン刑事が言ってた気がするし



それに
今回の旅から登場の秘密兵器のおかげで俺は調子にのっていた

それはキャリー付バッグ
あんだけ重いバックパックに見切りをつけて
NZでキャリー付バッグに鞍替えしてた



だから
ちょっとくらい歩く距離が長くたって余裕だった
天気もいいし
ちょうどいい運動だと思って歩き出した

R0012408.jpg






っていっても
空港にあった地図はホント使えなくて
思ったより距離があった


歩くこと1時間
遠めにエッフェル塔を眺めつつ

R0012405.jpg

セーヌ川を渡り

R0012403.jpg

オペラ座をとおりかかったときだった

R0012411.jpg



天気のいい金曜日の午後だったからか
市内の中心はすごい人で
結構歩くのにも苦労する感じだった
左手でキャリーを引き
右手に地図をもち
リュックとミニショルダーバッグという
さっきつきました、みたいな旅行者は絶好のカモに見えたに違いない


いきなり前方から
署名おねがいしまーす

みたいなノリでボードを持った人たちがきて
いや、しねーし
と思いながら通り過ぎようとすると
向こうはそのままの勢いでわーと囲んできた
肩を組んできて、

中国のなんとかなんとか
とか言ってる


なんだこいつら?なんだこのノリ!?


とおもったけど
署名とかしないし、NO!っていったら
あっさり引き下がって通り過ぎてった



なんだあれは

と思っただけで
そのまま歩いていったけど
ふと見ると





ショルダーバッグが空いてる。。。






中身を見る
財布がない!


ポケットに手を回すと
財布はポケットにいれてた

じゃあ
ここには何をいれてる?


このショルダーバッグは
すぐに出せる大切なものをいれてる
移動のときは自分の前にもってきてるから安全だし出し入れがしやすい



さっき入国したばかりの俺が入れてるのはもちろんパスポート
あとアイポッドも入れてた




マジかよーー


イヤホンがみえた

アイポッドはある


でも


パスポートがない!!!!!!!!!!!!!






一瞬の間にいろんなことが頭をよぎる


再発行ってどうするんだっけ
手続きめんどくさそう

ってかいままでのスタンプが


写真とかとるとこあるのかな
大使館探さなきゃ


日にちかかるのかな
じゃあそれまでここにいなきゃいけないじゃん


警察へ行くのか

ってかこんな昼間の街中でこんな風にパスポートって盗まれるんだ

これがスリってやつかー


ってことを思いながら



気づいたときには走ってた



もう顔なんか覚えてなかったけど


ちょっと待てよ!
パスポート出せよ!

って署名野郎たちに食ってかかった

でも
顔をみるとこいつらじゃなかった気がする。。。



向こうは
は?何のこと?


なんていってくる


やべー
絶対的不利…



パスポートだよ!
どこよ?


ここから盗っただろ!


ってバッグを前に出すと



パスポートここにあるじゃないのー?



なんて
適当に言ってくる



あーーーー!!!!
むかつく!!!!!


泣きそうになりながら
どうでもいいから今目の前のやつを殴ってすべてが丸く収まればいいのに
と思いながら


どこにあんのよ!?


というと


ここでしょー?


なんていってくる




だから


ここのどこ…に…








あった。





you are crazy



なんて言いつつそいつらは去っていった


んでも
そんなことはどうでもよくて
パスポートがあったことに安心した


とにかく安心した


そこにへたれこんでしまいそうなくらいに






いくつかあった航空券と印刷したバスチケットの隙間にパスポートがあった
気が動転しててみえなかったらしい




後で考えたら
向こうとしてもパスポートとってもめんどくさいから
単純に金目のものを狙ってただけか


あんだけモメに揉めたバスチケットを印刷した紙が守ってくれてたのか


なにはともあれ何も盗まれていないようだった




それにしもパリ恐ろしすぎる


こんな昼間の人通りが多いところで
こんな風に
こんな簡単にかばんて空けられちゃうんだ


しかも自分の体の前においてるから大丈夫と思ってたやつなのに




マジで危ない




それから
歩けど歩けど宿はみつからないし


ってかなんとなく調べただけで
肝心の住所控えてなかったし(俺アホ!)
パリは小道がホントに多くて道が全然わからん


他の町はある程度計画的に立てられてるから碁盤目状に道ができてるところが多いけど
ここは都市計画以前にすでに存在してた町だからなのか
とりあえず小道の入り組み具合が半端ないし
ストリートの名前も道が交差するところに書いてない
あと
ストリートの名前が読めない
それに
空港の地図は簡易的なもので小道がかなり省略されてる





途方にくれてると

ブックオフを発見した




これはもしや。。。




と思い中をのぞくと
日本語の本がズラリ!



絶対店員日本人だ!


交番に駆け込む被害者ばりに中に飛び込み
日本語で話しかけてみる



あのー、すいません



はい



日本人だ!



そこでホテルの場所を聞こうとすると
名前だけじゃわからないということ

まあ
そりゃそうだ。。


でも
ツーリストインフォの場所を教えてもらった



客でもなんでもないのに嫌な顔せず対応してくれた店員さんにマジ感謝しつつ
これから一生本を売るならブックオフにしようと誓いながら
インフォへ向かった



店員さんの丁寧な説明で1回しか迷わずたどりつき
さすがインフォの人ってことで
名前だけで場所をしっていて
どうやら宿にたどりついた




そこから3回くらい迷って
なんとかかんとかたどりついた宿



これで部屋がないって言われたら旅辞めようと思って聞いてみると部屋もあった
ただし今日だけ
明日は満室


まあ
とりあえず今日はもう何もしたくない


バスのこととかはあとで考えればいいからとにかく俺を部屋にいれてくれー!
あとレジの横のコーラを飲みたい
ってことしか頭になかった






オークランドをでて44時間後
ようやく安息の場所を確保できた

R0012427.jpg








それにしてもスリにはマジでびびった
まさか自分が
まさかあんなふうに


その後しばらくトラウマになってしまった
というか今もそう


人が近づいてくるだけでなんか盗られるんじゃないかって思ってしまう


あんなやり方されたら間違いなく盗られる
鍵かける以外防ぎようがない



まあ
結果的に何も盗られなかったし
警戒心だけは植えつけられたから最高の形になったけれど

旅の再開からいきなりツキまくってるな~


あんだけむかついたバスチケットも
パスポートを守るためだったんだろう


いやー
ツイてる




にしても
旅っていろいろ大変だ


スポンサーサイト

ところ変わればスタイルも変わる



苦労してチェックインした宿だけど
実際にはまだゆっくり休むわけにもいかなかった


バスの3日後で予約されている

今夜とまる宿は明日出てかなければいけない


明日出発のバスを探すか
バスのチケットを生かすなら
あと2泊できる宿を探すか


余裕でどうにかなるだろうとおもってたけど
最後の最後までどうにもならなかった



バスは何回しらべてもユーロラインしかでてこない
ってことは明日出発はないってこと
直接カウンターまで言って聞けばいいのかもしれないけど
もう夕方
ついたときに空いてる保障はない
明日の朝直接出向いてキャンセル待ちみたいのをするか
でも
それはリスクが高い


できればパリに3泊もしたくなかったから
明日動くのがベター

でも
ブリュッセル行きはもう明日はどうやってもいっぱいみたい

たぶん普通にセントラルの駅行けば電車でいけると思うんだけど
それはしたくなかった

だったらもう1泊して明後日のバスでいっても同じくらいの値段になるし
むしろ電車のほうが高くなる

別にそれでもいいっちゃいいんだけど
どうしても東南アジアでのあの貧乏度を思い出すと
ここの何気ない決断で宿数泊分とかビール数本分の金額が吹っ飛んでいくと思うと
何とか粘っていい方法を考えようって思ってしまう



調べたらバスはキャンセルができる
キャンセル料は取られるけどまったく無駄になるわけじゃない


明後日(日曜)のブリュッセル行きのチケットがあるから
明日の宿を確保して明後日のバスで行くのがベターかなっていう感じがしてきた


書くとさらっとしてるけど
ここまでくるのにいろいろ調べながら
眠いし疲れてるし久しぶりに横になってもう寝てしまいたい!ってう状況でやってたらから
書いてある以上に大変だった


んで
この近くでなんかよさそうな宿をネットで発見したから
再び散歩がてらいってみる


地図でみると近かったんだけど
実際はこれがまた遠くてわかりずらいとこにあった



たどりついて聞いてみると
「部屋はない」って


はー!!
ふざけんなー!

って思ったけど
受付から感じられる宿全体の雰囲気もなんとなく悪そうだったし
まあいいやって思って宿にもどって再び宿探し


いくつかあるバックパッカーとかホステル検索サイトを使って探してた
というかむしろこれしか探せないと思う

明日の予約なんてもとから想定していないのと
運悪くそれが土曜日っていうことでどこも満室のようだった


日曜とか月曜に指定するといっくらでも宿がでてくるのに
明日にしたとたんほとんどなくなる


でてくるのも一泊50ユーロ以上しちゃうようなとこばっかり



あー
なんで一泊してベルギー行くって決めてたのに
最初から予約してなかったんだろー
最悪だー


たってそれだけのことでこれだけ苦労して
もっと言えば宿もとって住所も控えてたら
たどり着くまでに別二時間もかからず
そのまま感応してスムーズに明日移動っていうことができたのにー



っていうネガティブな考えが充満してくる



現地に行く前にあらかじめ予約して
なんていうスタイルの旅なんてしたことがなかったから
まさかこんな風になるなんて思いもしなかった


宿だってバスだっていくらでも出てるのかとおもってた


完全にあまっかった
っていうか基本的に旅のスタイルがこれまでと違う形にしないといけないと痛感させられた


愛二もランも
二人がヨーロッパ回ってたときはもっとシーズンに入ってるときだったから宿は予約しながらいってたらしい


っていうか言ってよ!そういうことを!!



東南アジアみたに安宿街があってそこに宿が固まっているっていう風でもなく
点在して、しかもバスとかメトロを使っていく宿がほとんど

なんていう現状を知らなかったし






相変わらず宿はない
もうどうしようもない

明日のバスもない

別の行き先に変えようと思ったけど
それもだるすぎる
結局回り道になっちゃうルートばっかりだし
いきなりドドたちのいるスイスへ避難しようかとも考えたけど
それもかっこ悪すぎる



ベルギーのほかの行き先はあるにはあるんだけど
こっちを夜にでて夜中につくバスとか
朝方つくやつとかそんなん


そしてもちろん
そっちの行き先にも明日の宿はない




もう疲れてて早く寝たいし
どうしていいかわからん


だめもとで今とまってる宿にもう1回聞いてみた

事情を説明して
もうどうしようもないことを伝える
明日とまれればあとはなんとなかるんだけど

というと


ちょっと待って
もう1回調べてみるからと
昼とは違うスタッフのがもう1回しらべてくれた


キャンセルは出ておらず
やっぱり明日はいっぱいのようだった


でも
緊急用のベッドが1つあるっぽい
これは自分じゃ判断できない件になっちゃうから
明日の朝くる上司に聞いてみてくれ

っていうことだった




そのあとも
しばらく調べてたけど状況はかわらないし
もうムリだーと思ってベッドに横になると同時に眠りに落ちた






翌日
時差もあってか(NZとは12時間の時差があった)
朝4時に目がさめる
2時間くらいゴロゴロして
キャンセルでてる宿がないかもう1回調べようと起きた



でも
やっぱりキャンセルはない


そのまま結局2時間
昨日のスタッフがいってた上司が来るのを待った
上司が出勤してくると
昨日の人が事情をせつめいしてくれて
1つ何用かわかんないけどとっておいたベッドで泊まれることになった





よかったーーーー




これで落ち着ける



ソッコーで
ブリュッセル行きのバスと現地の宿を予約して
もうこんなことが起きないように事前対応していくことを誓った




それにしても
NZを出てからここまで何1つスムースにいってない


まあ
俺の準備不足が大きな要因ではあったけど



久しぶりのベッドでぐっすり眠れて体の疲れもとれたし
ようやく観光だー



昨日はあんだけ晴れて温かかったのに
今日は思い雲に覆われ1日で季節が変わったんじゃないかって思うくらい
寒くなったパリの街へとくりだした


それにしても天気だけみても間が悪いなー

花の都、パリ観光

10月22日



ようやく観光できるときがやってきた
出発してからもうまる2日以上経ってる気がする


とりあえずインフォでもらった地図上の見所っぽいところをさーっと回ってみようかなって思った

まあパリはまた来るしね
昨日の感じを見てても
なんかよくわかんない広場にはでっかいバスが次々にとまって
わんさか観光客が降りてきてた
今まで訪れた観光地とは一味もふた味も違う感じがする

それに
昨日いろいろと歩き回ってる間にも日本人に何回かすれ違った
そのすべてがカップル
新婚旅行とかそういうのなのかなーって感じがした


あー
俺も早く彼女ときたいなー
と思いつつ観光開始



俺にとっては初めてのヨーロッパの街
名所にいかなくてももう街並みだけで
「おお!ヨーロッパっぽい!!」って感動があった


AUSやNZにいたときは
なんかヨーロッパ風の建物っぽいのがたまにあったりして写真とかとってたけど
ここでは本物だー!と思うと興奮がいっそうたかまった


天気が悪くて曇りではあったけど
でもようやく肩の荷が降りて足取りは軽かった



宿の目の前のこんな道でも普通に感動

R0012421.jpg


昨日被害にあいそうになったオペラ座

R0012434.jpg

R0012431.jpg


この交差点は360度どこを見回してもヨーロッパって感じだ

R0012436.jpg

R0012438.jpg


ルーブル美術館も少し除いてみた

R0012448.jpg

R0012449.jpg

R0012450.jpg


こんな風に写真撮影してるカップルがめっちゃうらやましかった

R0012446.jpg



凱旋門にもいって



R0012472.jpg



ここで寒すぎて観光終了
あと
昨日のことがトラウマで人ごみにいると尋常じゃなく疲れる
常にカバンとかポケットに気を使って
観光客目当てに超えかけてる人にも敏感に反応しすぎてしまって
もうここにいたくないって思ってしまった



まあ
またくるし


ってかパリは一人でくるとこじゃない
めーーちゃたくさん観光客いたけど
一人でいた人は一人もみなかった




観光地だけじゃなくて
歩いてる人とかメトロに乗ってる人にもなんかオシャレな人が多かった
若い人だけじゃなくて年取ってる人も上品にファッションを楽しんでる感じ
すれ違った普通の中年のオッサンからおそらくブランド物であろう香水の香りがしたり
そこらじゅうにしゃれたカフェはあるし
バッパーで何気なく出されたパンですらめちゃめちゃうまかった


さすがパリって感じだ


いろいろあって
結局短い時間しか街見れてないけど
それでもさすがって思わせるところもさすがだ



main_line
main_line
Profile
    2009年3月に世界一周へ出発したはずが
    ワーホリしたり、語学学校で英語勉強したりしてる間に恋したり
    結局旅は中断。
    それ以降も
    不法就労したり、人体実験したりと
    しぶとく生き抜き
    2011年10月にようやく旅を再開。
    12月からは愛する彼女と2人旅に。

    人と関わるよりも、一人で妄想する方が好きで
    冒険心よりも、保守的思考が強く
    どちらかというと旅よりもインドアで待ったりという方が好きだけど
    それが自分の旅のスタンスでありスタイル

    どこに行って何を見たかよりも

    何を思い、どう動いたのか
    そしてその結果
    どんな言葉に出会えたか

    今は言葉に出会うために旅してます

I.G.・LANの日記
共に旅立った同志達のブログ

salshogo

I.G.
http://salig.blog37.fc2.com/

LAN
http://sallan.blog10.fc2.com/

最新日記
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
SAL
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。