スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅の洗礼 1

10月20日

何事にも洗礼はつきものだ
もちろん旅も例に漏れない


むかーし、マレーシアかどっかを旅してるときも「洗礼」という名のブログを書いたけど
土地が変わればルールもかわり
時間が経てば旅慣れもなくなる

ということでいきなりの初心者が旅を始めようと思ったら
それなりの洗礼をあびなきゃいけない


AUSにいるときもNZにいるときも
自分の気持ちとしては
旅に片足をつっこんだまま
というつもりでいたんだけど


いや
むしろそういう気持ちとむかーしちょっとだけ旅したことある
っていう経験が隙をうんだんだと思う



ということで
旅再会してからパリに降り立って
ある程度起動に乗せるまでがすごくすごく大変だった



まずNZからの出国
住んでいたオークランドからいったんクライストチャーチへとび
そこからマレーシアを経由してパリへというフライトスケジュール
1時間半飛んで、6時間待って
10時間飛んで、3時間待って
14時間飛んで、到着というスケジュール


時差とかがあるからフライト時間とかあんまり考えてなかったけど
6時間の待ち時間で時差を考えて
飛行機乗ってる時間計算したらげっそりしてしまうスケジュールだった



でも
まあ何はともあれ出国
ということでチェックインゲートがオープンすると同時にカウンターへ向かう


ここで最初の問題発生

まったくノーマークだったけど
フランス入国に関して、フランス出国のチケットを保有している必要があるということをカウンターで言われる


出たー
そのパターン、、、


まったく考えてなかった

今までにも何度それで苦労してきたことか

でも
まさかここでそのパターンがくるとは、、、


なにせ台湾とかNZとかまだいってないけどイギリスとか
そういう島国だったらまだ言い分もわかる


怪しいやつを入国させないように出国のチケットをもってろtっていうのも
しかも
そういう島国だったら大体が飛行機のチケットだから早めにとっておくだろうっていうのも



でも


フランスって
しかもユーロ圏のど真ん中で
むしろ陸路だろう?

バス、電車、車
下手したら自転車だってありうる


国境があってないような地域で
なんで出国のチケットが必要なんじゃい!!
アホか!


って
言い出したい気持ちを抑えつつ
もうこうなってしまったらしょうがない

むしろ
ギリギリのチェックインじゃなくて本当によかった



カウンターの兄ちゃんには
サービスカウンターで払い戻しのチケットについて聞いてみたら
といわれたけど
どっちにしろ次にベルギーいくことは決めてたし
バスをとろうとおもった



空港に備え付けの
1ドル10分っていうインターネットキオスクでバスを手配しようとしたら
びっくりするくらいタイミングが悪く
ヨーロッパのバス移動の最大手、ユーロラインがホームページをメンテナンス中


びっくりした
しかもフランスのページだけ


これにもびっくり


他のバス会社を探すけど検索にひっかからない

じゃあもうとりあえず電車だってことで
鉄道ページを検索


あらかじめ調べたバスの値段の倍するけれど
とりあえずどうしようもない
悔しいけどまったく無駄になるわけではないから、と
購入ページに行こうとすると画面がとまりまた最初に戻る



意味がわからない

しかもNZのネット環境なんて日本からじゃ信じられないくらい遅いから
ここまでくるのに30分以上かかってる
どんどん時間がなくなってくる


余裕の展開が一転
期待とか不安とか
遠回りを楽しむとかそういう問題じゃなくて
旅が始まらない危機に。。。



別のバス会社を探してみようとするけれど
やっぱりユーロラインのページに飛んでしまう



でも
ふとみてtみるとなんやらメンテナンスが終了してるっぽい!

こうなればあとはちょちょいと行き先選んで予約して


まあ
これもパリってだけで出発地点が4つくらいあって
ブリュッセルも2つくらい到着地点があって
どこがどこかわかんあいし
財布に入ってたコインももうほとんどないからそんなのいちいち調べてられない


とりあえず一番上のやつ同士をつなげて
さあ購入



思いきや


俺が欲しかった日にちのバスが満席
一番近い日付は週末をまたいだ月曜日

でも
この際ごちゃごちゃいってられない
しょうがないからパリに3泊すればいいだけだ
飛行機乗れないよりまし
ってことでブッキング


プリントアウトなんてもちろんできないから予約完了画面をカメラでパシャリとやって
さっきのカウンターへいく

ノリのいい兄ちゃんがそのブッキング証明の写真をみながら
何だ、これ!これがチケットだっていうのか?見たことないぜー!
的なかんじでちゃかしてきながらも無事チェックイン完了


とりあえ前半の10時間のフライトでマレーシアと飛び立った


でも
こんなのまだまだ洗礼の始まりにすぎなかった


この第三国への出国のチケット
っていうのは以前AUSからシンガポールへといくときにかなり痛い目にあっていた
この時も同じようにチェックインのときにチケットが必要だといわれ
その場であわてて手配して
ホントギリギリのギリギリでなんとか滑り込んだ感じだったから
それ以来気をつけていたんだけど
まさかフランスがその対象になってるなんて思いもしなかった




ちょっと長くなったんで2つにわけて書きます

コメントの投稿

非公開コメント

No title

確かにwフランス出国のチケットを求められるのはおかしい。
シンガポール行くときの焦りを思い出すな。

Re: No title

おかしいよなー
あの時のあせりから比べた余裕やったけどね。
まさかあの経験が生きるとはおもわなんだわー


> 確かにwフランス出国のチケットを求められるのはおかしい。
> シンガポール行くときの焦りを思い出すな。
main_line
main_line
Profile
    2009年3月に世界一周へ出発したはずが
    ワーホリしたり、語学学校で英語勉強したりしてる間に恋したり
    結局旅は中断。
    それ以降も
    不法就労したり、人体実験したりと
    しぶとく生き抜き
    2011年10月にようやく旅を再開。
    12月からは愛する彼女と2人旅に。

    人と関わるよりも、一人で妄想する方が好きで
    冒険心よりも、保守的思考が強く
    どちらかというと旅よりもインドアで待ったりという方が好きだけど
    それが自分の旅のスタンスでありスタイル

    どこに行って何を見たかよりも

    何を思い、どう動いたのか
    そしてその結果
    どんな言葉に出会えたか

    今は言葉に出会うために旅してます

I.G.・LANの日記
共に旅立った同志達のブログ

salshogo

I.G.
http://salig.blog37.fc2.com/

LAN
http://sallan.blog10.fc2.com/

最新日記
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
SAL
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。