スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴァンゴー

10月24日



ブリュッセルを経ち3カ国目オランダへ


オランダではいくつか行きたいところがあった


まずゴッホ美術館
芸術に疎い俺でも知ってるビッグネームの美術館がアムステルダムにあるらしい

あとはアンネの家
アンネの日記のあのアンネがナチスから身をかくしていた家がミュージアムになっている


さいごはオランダの風車


最初の2つはアムステルダムにあるけれど
風車はちょっと離れたところにあるからアムステルダムを基点にするために3泊

20人用のドミトリーでちょっとイヤだなーって思ってたけど
広々としたとこでロッカーもあったし
立地もよかったから3泊は問題なく過ごせそうだった




天気は曇りだったけど
時間も限られてるし観光へ

ここでも24時間チケットを夜の到着と同時にかったから
市内観光は今日のうちにすませておきたい
全部徒歩圏内に歩けど
乗れるんだったらトラムとか乗ったほうがらくだ
あと
雨も降りそうだったし



時差のせいか
最初のフライトの疲れがまだとりきれてないからか
夕方6時を回ると眠くて何もできない日々が続き
すっかり規則正しい生活になっていた俺は
早起きしてまずゴッホ美術館へ向かうことにした



トラムからアムステルダムの街並みをながめながら
建物1つ1つの調和がとれてるのか
いくつもある川とのコントラストのせいか
先におとずれた2つの都市よりもかわいい感じがした

R0012598.jpg

R0012600.jpg

R0012749.jpg


オランダもベルギーに負けないくらいビール国
いろんなカフェやバーが立ち並んでる
ハイネケンってアメリカのビールだと思ってたけど
オランダのビールだったらしい
知らなかった


ハイネケンの看板を出したバーがたくさんあって
ハイネケンのラベルはなぜか昔から好きだったから
バーが余計に洒落てみえた


R0012625.jpg

R0012728.jpg

R0012729.jpg


ゴッホ美術館は思ったより小さな見た目だった
でも開館前からすでに人が並んでいた

R0012603.jpg



まさか並ぶとは思ってなかったから
ちょっとどっかで時間つぶしてあとで来ようかと思ったけど
よく考えたら後できても空いてる保障はないし
あと15分くらいしたら開きそうだったから待つことにした

R0012607.jpg


にしても列に並ぶのって一人だと退屈だ



そうしてる間にも後ろにどんどん列が伸びていった


10時に開館して
どんどん人が中へ入っていく

R0012608.jpg


いまいまそこでチケットを買ったから中に入ってきたのに
入ってすぐチケットチェックがあって
そこを抜けると上着やカバンの荷物をあづけるところがあり
空港のセキュリティチェックのようが警備を抜けてようやくロビーに到着した

本格的な美術館ってどこもそうなのかもしれないけど
そんなとこに行ったことない俺は
それだけで
本物の美術館に来た!と内心テンションがあがっていた


さあー
けっこう金も払ったし、じっくり鑑賞してやろう!って思ってると
セキュリティを抜けた先にまたカウンターがある


なんだろうと見てみると
どうやら館内のオーディオガイドのレンタルの受付らしい



前に旅してた感覚だとほぼ間違いなくここでオーディオガイドは借りない
だって有料だし
むしろ美術館に入るかも怪しい


でも
本場の美術館めぐりはヨーロッパにきた楽しみの1つでもあるし
本物にふれることっていうのはやっぱ経験としても特別なものになる

って思って入館料を払ってきたのに
まだ金をとろうっていうのかー!!!



思ったけど
まあ
初めての美術館だし
別に絵心あるわけじゃないし
ゴッホだって名前をしってるくらいなだけだから
ぜったい解説があったほうが楽しめる



よし
借りよう


見てみると日本語もあるみたい

ヨーロッパにきてからというものAUSやNZにくらべて
アジア人も日本人も全然みなくなったから
なぜか日本語のガイドがあるのがうれしくなった


でも
ここで日本語ガイドじゃなんか普通だな
ここはあえて英語を選ぶか

必要に駆られたリスニングでこそ伸びる気がするし
こういう場面でこそ勉強の成果が試されるんじゃないか




結局まだ一枚の絵もみないまま
葛藤に葛藤を重ね



分かりやすいし


ていう理由で日本語のガイドを借りることにした








時間もあったし
かなり気合を入れて1枚1枚じっくり鑑賞していった



途中ガイドがある絵にきたときは
もらさずガイドをきき
聞いたうえでもう一度絵を眺め
角度を変えてまた眺め
なんてことを続けていった



名前だけしかしらなかったけど
絵描きになろうと思った背景だったり
絵描きになってからも年代順にならべられた作品群から
そのときのゴッホの表現したかったテーマや技法、影響を受けたもの
などなどによって
ぜんぜん違う絵になっていて
それもしっかり解説もあってすごく楽しめた


オーディオガイド借りて正解だった




ただ
思っていたより絵を鑑賞するっていうのエネルギーを遣うんだって気づかされた
4分の1もいかないうちに
ずっと立ちっぱなしだし
集中して見すぎてたせいか
やったら疲れちゃって

もう途中から
まだそんなたくさん絵があんのかよ
とか
うわ
またオーディオガイドがある絵だ
聞かなきゃー

みたいな感じになっていった
所々置かれてるベンチがいっぱいなのもうなずける

時間が経つにつれて館内はすごい人になっていくし
人ごみの中で絵をみてくのもけっこう疲れるもんだ


芸術鑑賞って優雅なイメージがあるけど
実はそうじゃないのかな

それとも
本当の意味でこういうものを楽しむにはまだ俺には早かったのかなー

とか思いながら
なんとかかんとか全部見て回った



最後のほうはちょっと駆け足だったけど


でも
有名なひまわりの絵もみれたし
ゴッホの肖像画も見れたし
ゴッホのストーリーもちゃんと解説がついてわかりやすかったし
来てよかった


ってか日本語選んでよかった

英語だったらもっと疲れてた




美術館の出口にはゴッホグッズが売られてて
完全にゴッホモードになっていた俺は
思わずTシャツを買いそうになってしまった
ってか短期の旅行できてたら間違いなく買ってた


R0012620.jpg


こういう本場の美術館は初めてだったけど
けっこう楽しめた
別に絵を描いてるわけでも学んでたわけでもないから
ただ名前しってるっていうくらいで見ただけだし
これから行くであろう美術館もそういうレベルの見解でいくんだろうけど
んでもそんなの楽しみ方は人それぞれだし



やっぱ本物は実際にこなきゃ見れないわけだし
なんか
オランダ来てるなって感じがした







コメントの投稿

非公開コメント

No title

すごいなー。俺は美術館、博物館系にはよー行けんわ。

Re: No title

意外と楽しいで!おすすめやよ!
main_line
main_line
Profile
    2009年3月に世界一周へ出発したはずが
    ワーホリしたり、語学学校で英語勉強したりしてる間に恋したり
    結局旅は中断。
    それ以降も
    不法就労したり、人体実験したりと
    しぶとく生き抜き
    2011年10月にようやく旅を再開。
    12月からは愛する彼女と2人旅に。

    人と関わるよりも、一人で妄想する方が好きで
    冒険心よりも、保守的思考が強く
    どちらかというと旅よりもインドアで待ったりという方が好きだけど
    それが自分の旅のスタンスでありスタイル

    どこに行って何を見たかよりも

    何を思い、どう動いたのか
    そしてその結果
    どんな言葉に出会えたか

    今は言葉に出会うために旅してます

I.G.・LANの日記
共に旅立った同志達のブログ

salshogo

I.G.
http://salig.blog37.fc2.com/

LAN
http://sallan.blog10.fc2.com/

最新日記
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
SAL
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。