スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風車とレオナ

10月25日


オランダといえば風車で
風車といえばレオナ


というくらいオランダとレオナは俺の頭の中の連想では密接につながってる



レオナって誰?

っていうと
俺が大好きな漫画「シャカリキ」に出てくる
カイザーこと酒巻レオナのことなんだけどね




小学生のときその漫画を読みながら
まさかレオナにゆかりのあるオランダに自分が足を踏み入れるとは思いもしなかった
なんてこととを考えると感慨深かった


まあ漫画の話だし
レオナとかいってるけど別に主人公でもなんでもなく
ちょろっとしかでてこないけど



アムステルダムから世界遺産にも指定されている風車群のあるキンデルダイクまでは
電車とバスを乗り継いで2時間弱かかるらしい


市内から風車見学のツアーもでてたけど
それは往復で4時間くらいのツアーだったから
たぶん別の場所だと思う



ずっと都市の移動と都市の観光だけだったから
片道2時間もかけてどこかにいくのは久々にわくわくした


電車に乗って
どんどん変わる景色を眺めるのは楽しかったし
小さな駅について
どれが自分の乗るべきバスなのか
バス停をよくみて
乗るときは運転手に聞いて
降りるところになったら教えて!
なんていうやりとり1つ1つが久々に旅してるなーって感じでうきうきした

R0012660.jpg

R0012661.jpg

R0012665.jpg


んで
いざついたキンデルダイクの風車たちはすごくきれいだった
もっと時期がよかったら
自然の中にたたずむ風車
っていう写真とかパンフレットでみるような風景になったんだろうけど
10月の終わりだともうどこか哀愁漂う景色になっていた


でも
心配していた雨もふらなかったし
途中からは晴れ間も除いていい観光ができた
寒かったけど

R0012676.jpg

R0012683.jpg

R0012713.jpg







いい観光を終えて宿にもどった
それぞれの人が思い思いに夜のときをすごす20人用ドミトリー

なぜか急激な孤独とむなしさに襲われた



孤独に関しては
想定していることだったから
気分を紛らわせるような本だったり映画だったりをもってるんだけど
むなしさはすこしこたえた


なんてことはないんだけど
毎回毎回よくわかんないところでシャワー浴びて
自分ちじゃないからシャンプーとかおきっぱにできなくて
めんどくせーなーってことや
この歳になって下着、靴下、Tシャツを手洗いってどういうことよ

なんて考えてると気分がめいってきた


自分なにしてるんだろうなーって


それと
あとどのくらいこの転々としていく生活が続くんだろうって


それがたとえばあと1ヶ月とかだったら
まあ
1ヶ月の辛抱だって思って乗り切れるし
いい経験だって思えるけど

ここから先1年
下手したらそれ以上の期間


そんなに長い期間
こんな生活がつづくのか
って思うとすごいブルーになってきた


もちろん良いこともたくさんあるんだけど
なんかこういう、すごく小さな1つ1つのこと
ちょっとトイレ行くときも貴重品のはいってるバッグには鍵かけないと心配だ
とか
そういうのが積み重なっていってたまーにどうしようもなくネガティブになる


まだ始まって数日なのに
いや
数日だからこそ思うのかもしれないけど


早く日本帰って普通の生活してー
って今まで一番強く思った



あー
あとどれくらい続くんだろう


そんな風にネガティブに思ってると


なぜかふっと
漫画の中でレオナが
「ゴールはすぐそこ!って思ってなきゃこんなペースで走れるか!」
みたいなことを言ってたのを思い出した



また漫画の話だけど

でも

やっぱレオナがいっていたように
長丁場だろうともうすぐ終わるって思ってやっていく
そういうつもりで一日を大切に一生懸命すごしていくこと
それが大切なんじゃないかなーって思った

俺はほっとくと
すぐ手を抜こうとするし


先がみえない道のりだから
見えないことを憂うんじゃなくて

たとえ途中でリタイアってなってもいいから
ペース配分とか
あんまり先のこと考えたりする前に
ゴールはすぐそこだ
っていうくらいのペース配分んで一日をいきなきゃなーって思った





あー
久しぶりにシャカリキ読みたいなー

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
Profile
    2009年3月に世界一周へ出発したはずが
    ワーホリしたり、語学学校で英語勉強したりしてる間に恋したり
    結局旅は中断。
    それ以降も
    不法就労したり、人体実験したりと
    しぶとく生き抜き
    2011年10月にようやく旅を再開。
    12月からは愛する彼女と2人旅に。

    人と関わるよりも、一人で妄想する方が好きで
    冒険心よりも、保守的思考が強く
    どちらかというと旅よりもインドアで待ったりという方が好きだけど
    それが自分の旅のスタンスでありスタイル

    どこに行って何を見たかよりも

    何を思い、どう動いたのか
    そしてその結果
    どんな言葉に出会えたか

    今は言葉に出会うために旅してます

I.G.・LANの日記
共に旅立った同志達のブログ

salshogo

I.G.
http://salig.blog37.fc2.com/

LAN
http://sallan.blog10.fc2.com/

最新日記
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
SAL
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。