スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅、やめます



旅を再開して1ヶ月弱
この1ヶ月で訪れた国は13になる


ほぼ2日に1国

ということは
移動してきて宿にチェックインして
すぐ次に移動と宿の手配をしてその日は終了
次の日に観光して明日の手はずの確認
そして翌日移動していく


というような毎日を過ごしているようなことになる


東南アジアのときの行き当たりばったりとは違って
初日のパリでの苦労の件もあり
事前にホステルはブッキングする

バスもヨーロッパといえど英語が通じにくい国もあるし
まず最初にネットで調べてそれでチケットが取れればそれで済ませる


実に整備されていて
慣れてしまえば快適なことこの上ない


性格上
先のことが見通せているのは気持ちがいいし
プランを立ててそれど通りに実行していくのは快感だ




でも
こんなんでいいんだろうかっていう疑問がこびりついて離れない






なんとなく街を訪れてなんとなく観光してるだけ
そしてそれを繰り返しているだけ




同じような町並みを眺めて
同じような大きい教会やら
旧市街地を
同じようなアングルで写真をとって


という繰り返しでしかない



もちろん自分の知識がないことも大きな要因としてある
その土地のバッググラウンドを知ることで
今目の前の光景がまったく違ったものに移ってくるということだて当然ある

そうする手立てもある
下調べすることや現地ツアーに参加することなどなど




でも
そもそも前提として
俺の中で「ここの場所に行ってみたい!」
「ここでこれをしてみたい!」というのがほとんどない



せっかく来たんだからいろいろみないと
この際だから陸路でなめるようにいろんな国を回ってやろう



俺がもってるのってこの程度の考えだ



現地についてマップをゲットする
なんとなく観光スポットらしきところをピックアップし
まるでタスクを消化していくように廻っていく


全部チェックし終わるとようやく安心する


これで「ここに来た!」って言えるなと
何か手形を得たような
証明を得たような
そんな束の間の満足感


そして
そのあとにくる失望感

こんなんでいいんだろうか
確かにこの土地にきた
この足で歩き、この目で見て、この肌で感じた
でもおれはここの何をしってるんだろう


上っ面をほんの少しなめただけのような
そんな希薄な訪問



意味があるんだろうか



いや
でも実際にいったかどうか


このゼロとイチの違いはあまりにも大きい

意味があるかないかなんて問う必要はない
この小さな積み重ねが意味になっていくんじゃないか





アクセルとブレーキともに足をかけたままの日々







そんな時なんとなく聞いたポッドキャスト

これ自体はだーーーいぶ前にダウンロードしてたんだけど
全然聞いてなかった


俺が好きな旅人、ロバート=ハリス

そのロバートハリスがMCをやっていた旅に関するもの
もうずいぶん前に配信が終了しているものだけど

どんなものかなんとなく2つくらいだけもっていた


そのうちの1つをなんとなく聞いてみた


旅に出たくなる本
ということでロバートハリスが自身の経験を踏まえ
実際に旅に持っていく本やもっていった本
また
彼自身の旅と本に関する哲学



旅と本っていうのは俺の中では切手も切り離せないおの
旅で読むからこそ味わいが出る本があり
本を味わうからこそ旅に出るといってもいいくらい



ロバートハリスはその中でこんなことを言っていた


日本人は、旅行や旅というと何かしなければという強迫観念に駆られてしまうところがあるんじゃないか

西洋人がよくやるスタイルで、一日中何もしないで本を読む
たとえばプールサイドでデッキに横になって
熱いと感じるなら本を置きプールへ飛び込む
そしてまたデッキへと戻りページをめくる
それを一日繰り返す


彼自身もそういったスタイルは好きだという
夜の静けさのなかパラパラとページをめくり、ボーっと思考の旅を楽しむ
朝から何もせず、物思いにふけ、本を読み、何かを書く


そういった時間も旅のエッセンスとして成立するのではないか





詳しい内容は忘れてしまったけれど
たしかこんなような話をしていたように思う





さすがロバートハリスいい事いうよな~




色々見なきゃ
見逃さないようにしなきゃ


そういう脅迫観念にとらわれなくていいんだ




せっかくだからいろんな国へ足を運んでみようとは思う
でも
別にそれぞれの国で
いかにもそれらしいことをしなきゃいけないわけじゃないし
そうする必要もない


自分の時間だから自分の好きなように使えばいい
自分の旅だから自分の好きなようにしたらいい


当たり前のことだけど
当たり前のことを当たり前にやるっていうのは
いろいろと難しくなっていってしまうんだろうな



たとえば初めて行った国で初めて訪れた場所でも
そこでは本が読みたかったからずーっと読んでました


それでもいいんじゃないかな



本なんてどこでも読めるんだし
せっかく来たんだからそこでしかできないことをしないと!


っていうのはもっともな意見だけど


その日にしか感じられない思考があり
そのときにしか受け取れないものもある

そこでその本を読むということは何か意味があることだろうし
その日読んで感じることは
別の日に読んで感じることはできないことだと考えたら


やっぱりどう使おうとその瞬間瞬間はかけがえのないものになっていくはずだ




ここで大切なのって
その目の前の瞬間を大切にしているかであり
楽しんでいるかであり
迷いがないかということ



せっかく海外に出てきてるんだから日本ではできないことを!
って思ってたけど

そればかりじゃなくて
日本でもできるけどそれをあえて海外でやることだって味があっていい




あれこれと色々詰め込むことだけが旅じゃない
どこそこと色々訪れることが偉いわけじゃない




やりたいことやる
周りを気にしない
強迫観念にとらわれない
変な常識で物事を測らない



一日を大切にするということは
効率よく時間を使うということじゃない

旅をするということは
いろんな土地を訪れいろいろなことをするってことじゃない




もっと大きな枠組みで考えると


自分の人生の過ごし方
時間のすごし方


ある人は
時間=命
だといっていたけれど

それにあわせていうなら
自分の命の使い方




それに照らし合わせて過ごそうと努めることが大切なんじゃないか

とるに足らない小さなことにとらわれてちゃあダメだな









ということで

旅は続けますが、旅は辞めます







いや

旅は辞めますが、旅は続けます

コメントの投稿

非公開コメント

No title

つ、つまり、、、??

何でも脅迫観念にかられて動いてたら,楽しめなくて本末転倒になっちゃいますもんね☆しょうごさんが楽しめるしょうごさんなりの旅を続けてくださいねー♪

No title

俺も何度旅をやめようと思ったことか。
でもどうしてもやめられないんだよな。

まーそれが俺のスタイルであり、俺なんだから
仕方ねーんだろうなって思って今も旅を続けているよ!

Re: No title

>ちむちむ

旅は続けるよ!
というか意地でもまだ帰らん!

Re: タイトルなし

> しょこ

ありがとう!その方向で今は迷いなし♪

Re: No title

>IG

そうなんや!?愛二は好きで続けとるのかと思った
ってか次のブログで書いたことをコメントに書かれちまったな^^:
main_line
main_line
Profile
    2009年3月に世界一周へ出発したはずが
    ワーホリしたり、語学学校で英語勉強したりしてる間に恋したり
    結局旅は中断。
    それ以降も
    不法就労したり、人体実験したりと
    しぶとく生き抜き
    2011年10月にようやく旅を再開。
    12月からは愛する彼女と2人旅に。

    人と関わるよりも、一人で妄想する方が好きで
    冒険心よりも、保守的思考が強く
    どちらかというと旅よりもインドアで待ったりという方が好きだけど
    それが自分の旅のスタンスでありスタイル

    どこに行って何を見たかよりも

    何を思い、どう動いたのか
    そしてその結果
    どんな言葉に出会えたか

    今は言葉に出会うために旅してます

I.G.・LANの日記
共に旅立った同志達のブログ

salshogo

I.G.
http://salig.blog37.fc2.com/

LAN
http://sallan.blog10.fc2.com/

最新日記
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
SAL
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。