スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

just before the dawn


慢性的なロウポイント



今思うと日本にいたときは精神的に安定していたんだと実感できる

常に良い情報に触れ
また常に自分が発信したりメッセージする立場にあり
さらには刺激しあえる人たちが周りにいた




当たり前だと思っていたし
まだまだこんなもんじゃないと
上を見ていたけれど


いかにその状態がよかったのか離れてみて実感できることもある





沢木耕太郎だったから誰かが言っていたけれど
旅というのは人を丸裸にしてしまう
その人そのものが出すぎてしまう
というようなことを言っていた



確かにそうだと思う


いろいろな無駄なもの
余分なもの
見せかけのもの
二次的なもの

そういったものがどんどん削られていき
結局そのままのその人が残ってしまう





そういう点では
オレはオレの思っている以上に
ネガティブな面が強いし
不平不満、他責、被害者意識
といった弱い面をたくさんもっているようだ





時系列をさかのぼって考えると
確かにもともとそういうところが多かったように思うし
自分でも自覚していた覚えがある



ただ
当時はそういったことに対してそれほど深く考えていなかったし
逆にそういった負の感情をプラスに転化できるような熱もあったように思う



そして
意識し始めてからは
なるべく良い情報に触れるようにし
環境を操作し整えていくことで
自分自身を仕立ててていった



いつしかそれが普通だと思うようになったし
そう周りからも思われていたように思う




ただ
海外にでること
旅にでることで
それらのメッキがどんどんはがれていき
長い長いロウポイントへと突入していった





丸裸になった自分はそんなもんだ
ということを認められないまま
理想と現実とのギャップを埋める戦略もなく
ただときだけが流れていくことを眺めていたけれど
旅も再開したこのタイミングで自分を立て直していこうと思っていた

なにかきっかけが欲しかったというのもあったし




でも実際旅を再開してみたらヒドイもんだった
気がつくと不平不満
愚痴や文句や怒りばっかり

思い通りにいかないことにイライラしたり
物事の悪い側面ばっかり見たり



気がつくといつの間にかそういう思考に支配されていて
気がつくとこんなことを言いたくないのにもらしてしまっている




元からの性質というのは変えられないのか
所詮ある条件の下でしか装うことはできないのか



でも
根本的な考えとして
後天的に得られる性質や特性というのは
誰でも学ぶことで得られる、または変えることができる

という意見は理にかなっていると思う


だから
今自分が持っているこういったネガティブな面も変えられるはずだと思う
ある一定の期間はそういった手ごたえを感じていたわけだし









そういう葛藤を抱えながらの旅をして3週間ほどたって
少し光が見えてきた



明けない夜はないし
結局は夜明け前が一番暗かったとあとで思えるようになるのかもしれない



闇の中

この道でいいのか
この方向でいいのか
これでいいのだろうか


迷いながらも動き、もがく、歩む


そしていつか光が射したとき
進んだ道のりが自分の進歩



あまり目のことにとらわれすぎると
進んだかどうかわからない

でも
その見えない中
一日の歩を進め続けたとき
時の蓄積は光となって歩みを照らす



歩みは光によって進歩となる




決して無駄にはならないであろう目の前の営みを大切に
そこに成長があるはず
何もしなければ夜が明けても進歩はない







久しぶりに
文字通り夜が明けるのが楽しみだったワルシャワの夜
ベッドの中で走り書きしたメモより

コメントの投稿

非公開コメント

No title

aikawarazu kakkoiine

詩人かって思ったぐらい。

ぜひ旅の素晴らしさを


しょうごの伝え方で
本に書いてほしいと切実に願うよ☆

Re: No title

かずやさんですか?


ありがとうございます!

このたびのことは本にはしたいですね!
どんな形にしても。
もっとよい言葉に出会えるように学んでいきます!!

No title

kazuyaさんの温かい笑顔は
いまでも心に残ってます。

byあおと
(ごめんよ、騙すつもりじゃぁなかったんだぜブラザー)

Re: No title

>あおと

あおとだったか!!
たしかにいわれてみればあおとのコメントな気がするわ!
ありがとう!

main_line
main_line
Profile
    2009年3月に世界一周へ出発したはずが
    ワーホリしたり、語学学校で英語勉強したりしてる間に恋したり
    結局旅は中断。
    それ以降も
    不法就労したり、人体実験したりと
    しぶとく生き抜き
    2011年10月にようやく旅を再開。
    12月からは愛する彼女と2人旅に。

    人と関わるよりも、一人で妄想する方が好きで
    冒険心よりも、保守的思考が強く
    どちらかというと旅よりもインドアで待ったりという方が好きだけど
    それが自分の旅のスタンスでありスタイル

    どこに行って何を見たかよりも

    何を思い、どう動いたのか
    そしてその結果
    どんな言葉に出会えたか

    今は言葉に出会うために旅してます

I.G.・LANの日記
共に旅立った同志達のブログ

salshogo

I.G.
http://salig.blog37.fc2.com/

LAN
http://sallan.blog10.fc2.com/

最新日記
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
SAL
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。