スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目に見えないもの




旅を再開して1ヶ月半くらいたった


立ち止まっている間にこべりついてしまったネガティブな考え
もしかしたら
もともとネガティブなところに上塗りしていたものがすっかりとれて
元来の姿がむき出しになってしまっていただけかもしれないけれど



とにかくスタートはマイナスだった



思い通りにならないことにイラついたり
ちょっとした人とのやり取りで変にかんぐってしまったり
日本に帰りたいと強く思ったり
今していることに疑問や不安を抱いたり
先行きが不透明なことをどうにかしようとして押しつぶされそうになったりと

とにかく波にのりきれていなかったし
楽しめていなかった



それでも
北欧を駆け抜けて
バルト3国で少し落ち着き
ポーランドでブログと旅をやめちゃえばいいんだ
っておもってからは少しずつ浮上の気配がみえてきた


今回のロウポイントはそこが夜明け前だったみたい




自分らしく自分の時間を使って
自分が好きなように楽しめばいいんだ



そう思ってからは
全然旅と関係ないブログばっかり書いているけれど
久しぶりに書くことが楽しいと思えてるし
楽しいからこそ表現というものに挑戦したいという願望もでてきてる


寒いから観光っつってもすぐ宿に帰ってきちゃったりするけれど
それはそれで観光するだけが旅じゃない
って思ったら
読みたかった本をじっくり読んだり
日本に帰ったらなかなかこれには時間をさけないな
っていうことで
さらに自分が好きなことで
将来的にも必要なスキルを磨けるという
俺が好きな1つのことでいくつもの利点があるという
英語の本をじっくり読むということも始めた


NZでも心がけて読もうとしてたけど
どうしても集中できなかったり
本によって当たり外れがあったりで
なかなか進まなかったし
できることがたくさんあると
どうしても少し成長のための苦痛を伴うこの作業の優先順位は下に下りてきてしまう


でも
今はできることが限られた環境だから
1つの本にじっくり向き合える


面白いもので
じゃあ英語の本を読もうと思って
前からずっと気になってたやつを買ったんだけど
それが面白くて面白くて大当たりだった


ターミナルでバスを待ってるときも
気をつけないと自分のバスを見逃しちゃうんじゃないかってくらい
充実した内容のものだった


フィリピンで学校にいって
英語っていうのは長期的なスパンで継続的にやっていかないと
使い物になるレベルにはならないことを悟ったから

この旅中にせっかくだから英語も勉強しながらやっていこうって決めた



ずーっとやってきた成果が少しでてきたのか
以前よりも読む事のストレスが減った気がする


もちろん
まだまだ日本語のものみたいにすらすらは読めないし
内容も全部が全部つかめてるわけじゃ泣けど
それでも進歩を感じられるは快感




んで
こうやって自分で自分の時間を楽しめるようになってくると
すごく面白いと思うんだけど
自分の時間がとれなくなっていく








目に見えないものを信じるかどうか



これってすごく深いテーマ
この先何十年も考えていきたいくらい面白い



俺はどっちかというと
世の中には目に見えない力が大きく作用してる
っていう意見を支持してる



科学では解明しきれていない何か

そういうものが存在しているんじゃないかって思う



ある人はそれを想像力といったり

ある人は波動といったり

またある人は気といったり


いろいろだけど
言葉とか定義はどうであれ
たしかにそんなようなものは存在してるんじゃないかって思う



何年か前に「ザ シークレット」っていう本が
世界中で売れに売れた


今だにいろんな国を歩いていていろんな書店で売られてる
ヨーロッパを歩いていてもよく見る
今日も見かけたし



この本はどんな本かというと
一言でいうと「引き寄せの法則」っていうもの


良い波動が出ていればよいものを引き寄せ
逆に
悪い波動を出していれば悪いものを引き寄せる
っていうもの



引き寄せの法則に関しては
いろんな人が
いろんな本を書いている


いくつか読んだけど
怪しげなディープなものから
論理的に説明してあるものまでさまざま



心底から
「なるほど!そうなんだ!」って納得できるような説明っていうのは
正直言って今のところなされていないように思う



いっていることは分かるけれど
でもこういう場合はどうなの?っていう疑問が出てきたり
信じられるに十分なほど論理的な記述に出会っていない



それでも
直感的にだったり
経験的にはすごくわかる




ブライアン トレーシーは人類史上最大の発見として
「人間はあなたが考えているような人間になる」
ということをあげている


これもおそらく引き寄せの法則の1つだと思う



また
ある科学者は
人間の意思というのは物質である
という主張をしているらしい



もし
その主張が証明されたら
この引き寄せの法則も科学的に説明できるんじゃないかと期待してるけど
今のところ証明はされていないよう





こういった目に見えないもので
結局はわからないことなんだけれど


アンソニーロビンズは面白いことをいっていて

「電波が目に見えないからといってリモコンを信用しない人や、携帯電話を疑う人はいない
 目に見えるものがすべてじゃない。
 実際に目に見えなくて、仕組みがわからなくてもすでに生活の一部として使っている道具がある。
 ほとんどの人は電気が点灯する仕組みは説明できないかもしれないけれど、
 スイッチをつければ明かりが点くことは知っているし、使っている。
 それは人間の思考でも実は同じなのだけれど、
 1つ違うのは、この点に関しては多くの人はそれを使えていないということ」




こういう意見を聞いてみると
確かにそいうったものは存在しているかもしれないと思ってしまう







んで
何がいいたいかというと



自分の時間を自分で楽しめるようになってきたことで
旅に対してだったり
もっと広い意味では自分自身の生き方というところの
チューニングが合ってきたんだろうと思う



つまんねーなー
とか
一人旅は孤独が沁みるぜー

っておもってたのが


次から次に日本人の人と出会って色々とはなす機会があったり
仲良くなった人と一緒に飲んだりと


自分の時間がなくなっちゃうくらいになったりした



自分の気持ちもどんどん落ち着いていってるし
波長なのか
波動なのか
気なのか
よくわかないけど
調律がとれてきて

そして
押し出されるようなうねりをつくり加速し始めた




この加速度のまま
3日後にはいよいよスイスに突入してしまう


ヨーロッパにきてから
スイスに行けば色々楽しい時間を過ごせるから!
と励ましてよりどころとしてきてたところへ

日が近づくにつれて
もうこんな時期か
まだ気ままに一人旅しててもよかったな
ってそう思えるくらいに浮上してきてる



こんな状態で
2年以上ぶりにドミニクと再会したら
どうなってしまうんだろう


そして
おそらく楽しいであろうスイス

それを抜けたあとに始まる新たな旅
どんなものがまってるんだろう




日が経てばたつほど
そこに向けてすべてが動きだしていっているみたいに


まるで
はじめからすべてが決まっていたように


大型台風が
通り道すべてのものをなぎ倒してしまうみたい




目に見えない何かが
自分のしらないところでどんどんどんんどん大きくなっていってる



どんどんエネルギーが集まって
大きな風が吹き始めているのを感じる


コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
Profile
    2009年3月に世界一周へ出発したはずが
    ワーホリしたり、語学学校で英語勉強したりしてる間に恋したり
    結局旅は中断。
    それ以降も
    不法就労したり、人体実験したりと
    しぶとく生き抜き
    2011年10月にようやく旅を再開。
    12月からは愛する彼女と2人旅に。

    人と関わるよりも、一人で妄想する方が好きで
    冒険心よりも、保守的思考が強く
    どちらかというと旅よりもインドアで待ったりという方が好きだけど
    それが自分の旅のスタンスでありスタイル

    どこに行って何を見たかよりも

    何を思い、どう動いたのか
    そしてその結果
    どんな言葉に出会えたか

    今は言葉に出会うために旅してます

I.G.・LANの日記
共に旅立った同志達のブログ

salshogo

I.G.
http://salig.blog37.fc2.com/

LAN
http://sallan.blog10.fc2.com/

最新日記
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
SAL
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。