スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何をやってもダメなとき





ドバイには結局5泊6日滞在した


安定しない中東情勢のため
トルコからドバイへととびそこからエチオピアへ飛ぶというルートを選択
ドバイに行ったからには隣のオマーンにも行こう
あとはフライトの日程と金額を調整して
1月30日INの2月5日OUTという日取りとなった



トルコのカッパドキアをあきらめなければならなかったときから
すでに思うようにいかない状況が始まってたのかもしれない

イスタンブールは4日いたけど
寒いし天気悪いしカッパドキアいってないから
結局ギリシャからドバイに飛んでもよかったんじゃないかっていう話だったしね



とまあ
それはおいておいて



ドバイ、オマーンで5泊6日

安宿が存在しないこの2つの国で滞在費を抑える方法として浮上したのが
空港泊


藍も空港とまってたっていうし
ネットでみてもいかにドバイの空港が豪華かっていう情報が次々にでてくる
シャワーが浴びれないのはちょっと嫌だけど
ここは我慢して空港で乗り切ろう



そんな風にしてドバイに降り立った



んで到着早々事件発生

アライバルで預け荷物を受け取ったあと
出口の前に荷物検査があった

散々してるだろって思いつつ
カートからレールの上に荷物を載せようとしたとき
異変に気づいた



なにー!!!
俺のバッグのストラップ部分が切れとるやんけー!!!


上にも横にも取っ手ついてんだからそっちもてや!!



死ね!
フライドバイ死ね!


(そのあと、保険申請するための書類くれって言ったときのスタッフの対応もなっとらんし
ってかこっちが変な用紙かいて、向こうから連絡くるっていたけどこねーし)


イライラマックスな俺を出迎えてくれたのは
第二の誤算
めちゃめちゃしょぼいドバイ国際空港ターミナル2


むちゃむちゃ小さい


寝るとかそういう話じゃないし
インターネットも使えない




あれ。。

ネットでみたたんと違う。。。。



なんかヤシの木生えてて、ネット使えて
床が絨毯のところもあって、何人も寝てるっていう
ドバイの空港はどこ????







完全に油断しててまったく調べずにいったけれど
ドバイ国際空港は3つターミナルがあって
主要路線が集っているターミナル1
エミレーツ専用ターミナルとしてオープンした新しいターミナル3
そして
主に中東エリアへの格安便を飛ばしている路線が集うターミナル2


場所も一応固まってるんだけど
T1とT3は無料シャトルがあって行き来が楽

T2は滑走路をはさんだ反対側にあり歩いていける距離じゃないし
無料シャトルも有料バスもなし




しょうがないからとりあえずT1へタクシーで移動

ここで第三の事件発生


今まで散々寒いところを回っていて
むしろ旅が始まる前に南半球にいたから
冬の終わりかけから冬の始まりへと飛んでいき
半年間以上続いていた冬がようやくここドバイで終わる喜びを
無意識に爆発させていたのか
タクシーにノースフェイスのジャケットを忘れてしまった(まあ、30ドルのニセモノだけど)


しかも
両ポケットに手袋
胸ポケットにヘアバンドとマッサージ棒というセット

さらにさらに
でっかい南京錠のラスイチの鍵までいれてたのに



悪いことって重なるから
レシートもらえたりしてらば帰ってくる可能性もあるみたいだけど
レシートもらってなかったもんだから電話で問い合わせても
結局帰ってこなかった



結局このショックはドバイ滞在中ずっとひきずってた





んで移動した先の空港も
こんなん思ってたんと違う!
って叫びたくなるような普通の空港だった


よくよく見てみると
どうやら豪華なのは空港の中のほうらしい


まあ
そりゃそうだよね








その日は前日のフライトも夜中の4時間くらいなもので到着して
朝から凹んで
で、観光もなんとかしたもんだから

足が伸ばせないようなベッドでも寝るには寝れた


そして4つめ


次の日
オマーンで何しようかなっていろいろ調べてみると
どうやらグランドモスクっていうのがよさそう

写真を見ると迫力もあるし中も綺麗

これはぜひ行ってみたい

それに
ドバイは空港泊だったけど
オマーンではホテルに泊まろうと思ってたから
ホテル泊まるためにもオマーンへ行きたい




んでんで
見てみると
そのグランドモスク

異教徒への開放時間が定められていて
月~木の午前8時から11時とある


時計を見ると
すでに水曜のお昼過ぎ


ということは今日のバスでオマーンまでいって
明日の朝にグランドモスクに行くしか方法はない



智恵ちゃんが事前に調べてくれてた情報では
ドバイからオマーンは一日2本で今からだと
夕方4時くらいのやつに乗れるらしい




寝てた智恵ちゃんを起こして準備してターミナルへと向かった


でも
結局時間が間に合わず
というかバスターミナルどこかわからず
(空港のインフォで確認してくりゃいよkった!)

オマーン行きを断念


事前にちゃんと調べてたらこんなにあせってなおかつだめになることもなかったのに


翌日オマーンに行くだけ行こうか考えたけれど

智恵ちゃんにグランドモスクが見たいんだったら
ドバイはまた来ると思うからそのときにちゃんと調べて
その分の日程を確保してきてから行ったほうがいいんじゃない

と諭されあきらめた


なんか
カッパドキアに続いてこれもあきらめるっていうのが悔しかった


そもそも
中東情勢のせいで
シリア、ヨルダン、イスラエル、エジプトもあきらめてんのに


(あきらめるっていっても来年日本へと戻るルートでよっていくけど
でもまたこれるからいいやっていtってあれもこれも後回しにしたくなかった)






もう何もかもダメ




そうとう嫌気が差し始めて
結局ドバイでホテルを取ろうって話しになった






なんかドバイでも楽しいことをしたいって思って
思いついたのが

アフタヌーンティー



どっかのカフェでお茶をして気分を落ち着けよう




ってことじゃなくて



ここドバイではアフタヌーンティーっていうのが有名らしい



有名かどうかしらんけど
ちょっとした観光スポットになってるみたい



ドバイっていうと思いつくのが超高級ホテル



中でも
有名なのがブルジュアラブ

そう
あのドバイといば出てくるあの形のホテル


全室スイートルームで安くても1室15万というホテル




そんなホテルに宿泊は無理でも
アフタヌーンティーなら
ということで
一般市民でも払える金額で
最高級のおもてなしとセレブな気分をマンキツできるのが
アフタヌーンティー




これは行きたい!

ドバイで初めて智恵ちゃんとテンションが上がって
せっかくドバイに長いこといたならこれくらいのことはやっておかないと!って思った




予約サイトがなくメールか電話でのみ受付であったため
メールを送って返事をまった








ところがその返事がこない
まあメールをした時点で明後日の予約をとろうとしてたから
電話すりゃいいんだけど
日本の携帯はあんまり使いたくないし
英語でブッキングていうのはどうも気が引ける
だったら
メールのほうが間違いがないし確実




でも
結局前日のお昼過ぎまで返事がなかったから結局電話することに







電話してみたところ
なんか会話がかみ合わない



とりあえず
土曜かなんかよくわかんないけど
ノーアルコール、ノーエンターテイメントだけどいいか?
みたいなこといわれて

あと
日本語でジュンシンっていう風にきこえるけど
なんていう単語か聞き取れん


とりあえずそれでもいいよ
っていって

値段を聞いて

やっぱノーアルコール、ノーエンターテイメントだからちょっと安いのかなって思って
せっかくならフルコースにしたかったけど
もうその日しかないし
それでいいやと
なんとか予約成立までいった




確認のメールを送るということだった







なんか気になったからブルジュアラブのHPを見てみると
ホテル内に色々レストランやカフェがあって
その中にアジアンレストラン ジュンスイっていうのがあるじゃないか!


これのことを言ってたのか!

いや
俺らがいきたいのは地上200メートルにあるスカイビューバーですよ!
なんでこんなことになってんの!

と思ってホームページを見てみると
どのレストランも予約のための電話番号が同じだった



ってことはそのときにスカイビューバーがいいって言わなきゃだめだったってことだ


そんなんしらねーし!
だから予約したいっていったときなんか会話がぎくしゃくしてて
ジュンスイ、ジュンスイみたいなこといってたのか。。。




こりゃいかん
ってことですぐに電話をかけなおして




いや
実はスカイビューバーがいいんですけど


っていったら


次に空いてるのは5日後です

って




じゃあキャンセルします。。










急浮上したドバイでの最大の楽しみも幻のものとなってしまった






あとあと調べてみたら
予約しようとしてた日は
マホメット聖誕祭とかでアルコールとかをサーブするのは控えるらしい



ことごとくタイミングわるかったな








という感じの
全然何をやってもダメっていうドバイ滞在


気分もかなり落ち込んでるけど
明日からいよいよアフリカ



大陸が変われば気分が変わる
大陸が変われば流れが変わる



ってのを信じてアフリカ楽しんでこよーと

長い人生
ことごとく思うようにいかないこともあるよねー

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
main_line
main_line
Profile
    2009年3月に世界一周へ出発したはずが
    ワーホリしたり、語学学校で英語勉強したりしてる間に恋したり
    結局旅は中断。
    それ以降も
    不法就労したり、人体実験したりと
    しぶとく生き抜き
    2011年10月にようやく旅を再開。
    12月からは愛する彼女と2人旅に。

    人と関わるよりも、一人で妄想する方が好きで
    冒険心よりも、保守的思考が強く
    どちらかというと旅よりもインドアで待ったりという方が好きだけど
    それが自分の旅のスタンスでありスタイル

    どこに行って何を見たかよりも

    何を思い、どう動いたのか
    そしてその結果
    どんな言葉に出会えたか

    今は言葉に出会うために旅してます

I.G.・LANの日記
共に旅立った同志達のブログ

salshogo

I.G.
http://salig.blog37.fc2.com/

LAN
http://sallan.blog10.fc2.com/

最新日記
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
SAL
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。